スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・

2009年10月06日 19:28

最愛の父が他界しました。

自由奔放に好き勝手やってきた私は家族とは少し疎遠で

親子らしい会話ができたのはホントつい最近の事。

元気になってもっと父でいてほしかった。

私は来年結婚します。

一緒にその日を迎えたかった。

これから私が父にしてあげられる事は、

幸せな家庭を築き、

父の血を残し、

その子達におじいちゃんの事を語ってあげる事。

苦労を重ねて一代で事業を築き上げたお父さん。

人の喜びを自分の喜びに出来た優しいお父さん。

病に侵されながらも一度も弱音を吐く事のなかったお父さん。

最期まで男前でした。

スポンサーサイト


コメント

  1. 熱血 | URL | -

    Re: ・・・

    心よりご冥福お祈り致します。
    先日、似たような事がありました。
    うちの場合は、去り行く命があれば、生まれ行く命ありって感じで
    同僚の祖父が他界したその日の午後、同僚の子供が生まれました。
    なんだかとても神秘的なものを感じた。
    輪廻転生かな?命は回り回って何処かで去り、何処かで生まれる。
    何時か新しくとても大切な命を時雨の元に運んできてくれまよね^^
    その日まで・・・

  2. 元呉軍皇帝 | URL | -

    Re: ・・・

    お久しぶり。
    ご冥福をお祈りいたします。

    弱音をはくことなく最後まで父をまっとうしたんですね。
    立派な父親です。

  3. しぐれ | URL | qPcKYsLg

    Re: ・・・

    SERさん、孫さん、ありがとうございます。

    なんかすごい話ですねぇ@@

    亡くなってから聞かされた事もたくさんあって、
    壮絶な人生を歩んできた父の血を大事にしたいと思いました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hysteria5.blog69.fc2.com/tb.php/398-65215c6e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。